専門実践教育訓練給付金・社会福祉士修学資金

2018年10月14日

専門実践教育訓練給付金について


【対象講座】
精神保健福祉士 通信コース

2018年1月より、専門実践教育訓練給付金の支給率が上がりました。また、以前に受給したことがある方の支給要件期間も短縮され、資格取得を目指す方にとって更に学びやすい環境になりました。

専門実践教育訓練給付金とは
 厚生労働大臣が指定する教育訓練講座の受講者のうち一定の要件を満たした方に対して、受講費用の一部を給付する制度です。
働く方の能力を開発し、中長期的なキャリア形成を支援することが目的です。

【支給率】
*教育訓練費(当校の場合「入学金」「授業料」「実習諸費」が該当)の50%(※1)を支給
*修了後1年以内に精神保健福祉士国家資格を取得し、精神保健福祉士として雇用保険の被保険者となる就職をした場合は、更に追加で20%を支給
※1…2018年1月より、40%から50%へ拡充

【支給額】

【受給対象】
*現在お仕事に就いていて、2年以上雇用保険の被保険者の方
*現在離職中で以前雇用保険の被保険者だった場合は、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)から受講開始日(本校の場合は4月1日)までが1年以内の方 (※一部例外有)
*以前に教育訓練給付金を受けたことがある場合は、過去の受講開始日から3年以上(※2)経過している方
  ※2…2018年1月より、10年から3年へ短縮

【手続きについて】
受講開始前の1か月前まで(本校の場合は2月末日まで)に、お住まい地の管轄のハローワークでの受給資格確認手続き(※3)を完了する必要があります。
  ※3…キャリアコンサルティング受講、ジョブカードの作成と提出、「教育訓練給付金及び教育訓練給付金受給資格確認票」の提出など
  ※詳細は本校または管轄のハローワークへお問い合わせください。

社会福祉士修学資金について


【対象講座】
社会福祉士 通信コース

【貸付額】
・月額5万円以内×修学期間
・入学準備金(任意)20万円以内
・就職準備金(任意)20万円以内
  ※貸付額の上限有り

【返還】
・貸付期間の2倍に相当する期間で返還

【返済免除規定】
・下記の条件を全て満たした場合、返還免除となります
*本校卒業・修了後、1年以内に介護福祉士・社会福祉士の資格登録をしたうえで介護福祉士又は社会福祉士として就職し東京都内の指定施設において5年間継続して介護業務・相談業務・施設長の業務に従事した場合

【手続きについて】
・申込時期は4月です。本校入学後、お申し出ください。

通信コース受講説明会 開催中

【個別説明・相談会】
平日 月曜日~金曜日
10時~16時(時間内で1時間程度)

【学校説明会】
10月20日(土)・27(土)
14時~15時(時間内で1時間程度)

お問い合わせ、ご予約は
Tel:0120-846-218(携帯からは03-3984-6220)
Mail:soudan@tokyo-toshima.jp