介護福祉士実務者研修

実務経験に、プラスαして、介護福祉士資格取得を目指しませんか介護福祉士国家試験の受験には、実務経験者は「実務経験3年以上」が必要でしたが、介護福祉士受験資格の見直しにより2016年度介護福祉士国家試験より、「実務経験3年以上」と「実務者研修」の修了が義務付けされました。

実務者研修の全課程を修了すると、介護福祉士国家試験の実技試験が免除になります。

実務者研修修了後、「介護福祉士」の資格取得を支援する受験対策講座を受講することができます。 介護福祉士受験対策講座ではe-ラーニングシステムを利用。スマホやタブレットなどで、いつでもどこでも学習することができます!

「喀痰吸引等研修」は本研修で実施 都道府県講習受講の必要がありません。

カリキュラムの「医療的ケア」の中で医療行為である感染予防・安全管理、喀痰吸引や経管栄養について学ぶため、介護福祉士資格取得後に都道府県が行う「喀痰吸引等研修」を受講する必要はありません。現場では習得しにくい医学的知識、制度の知識、認知症などについて学ぶことができ、更なるスキルアップにもなります。

実務者研修で「サービス提供責任者」に

介護福祉士の資格を取得する前でも、実務者研修を修了すれば、サービス提供責任者として活躍できます。 現場業務も担当するほか、訪問介護員への技術指導や勤務スケジュールの組み立てなど、仕事は多岐に渡ります。

本校の特色

東京豊島IT医療福祉専門学校の充実した実習設備を利用可能

本校では、少人数制の採用や、きめ細かな学習指導を大切にしており、講義を担当するのは、介護の現場を知り尽くし、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネージャー、看護師の資格を持ったベテラン講師、現役介護職員の講師。学習内容やレポート問題で分からない点などを、電話、メール、手紙やFAXでいつでも質問できます。また、受講生一人ひとりがさまざまなケースに応じた介護技術を実践できるように配慮し、丁寧な指導を行います。

スクーリングは通学便利な池袋の本校で行い、自習室、図書室の他、東京豊島IT医療福祉専門学校の充実した実習設備をご利用頂く事ができます。本校より、徒歩5分の豊島区立中央図書館は、平日夜10時まで利用可能。そのため、東京豊島は学習環境が整った勉学に最適の環境です。

講座詳細(通信課程)

多くの分野で活躍する専門職

平成30年度の介護実務者研修養成講習会(通信+通学9日間)開講のお知らせ
# 開講期間 申込締切
8月開始 平成30年08月01日~平成31年01月31日 平成30年07月25日
10月開始 平成30年10月01日~平成31年03月31日 平成30年09月25日


入学について
資格保持状況と指定時間 入学金 学費 合計
無資格450時間 6,000円 140,000円 146,000円
訪問介護員3級320時間 6,000円 134,000円 140,000円
訪問介護員2級初任者研修320時間 6,000円 96,000円 102,000円
訪問介護員1級95時間 6,000円 69,000円 75,000円
基礎研修修了者50時間 6,000円 39,000円 45,000円

※募集定員:各回30名。

※中央法規出版㈱ 介護職員等実務者研修(450時間研修)テキスト(受講料に含まれます)